読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書を持ったまま町に出よう

引きこもりぎみ方向音痴なアラサーOLが旅行したりする。歴史/美術/古典芸能すき。博物館・美術館/史跡巡り/謡蹟探訪メイン。

寺社

小鍛冶謡蹟めぐり⑦ 稲荷山の長者社(御剱社)

能「小鍛冶」のゆかりの地に行ってみましたその7。 伏見稲荷大社の長者社(御剱社)です。伏見はインバウンドに人気なのもあってかなり混雑、そしてほぼ山登りなので結構時間がかかりますね。

多度大社にお参りして脱片参りしてきました

「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」とうたわれる多度大社。 伊勢神社には何度もお参りしているので、ようやく脱片参りです。 アクセス 名古屋駅から近鉄で桑名駅まで来たので、乗り換えて養老鉄道で多度駅へ。 養老鉄道はICカードが使え…

宝刀蛍丸伝説の地をめぐってみました(宮崎編)

宮崎県に伝わる蛍丸伝説。ただし、こちらの蛍丸は持ち主に不幸をもたらしてしまったのでした。

宝刀蛍丸伝説の地をめぐってみました(熊本編)

2016/9/10~11、ECO九州ツーリスト様の「蛍丸巡りツアー」に参加しました。 阿蘇家とその宝刀・蛍丸について。 阿蘇神社 入佐恵良城址 通潤酒造 通潤橋道の駅 八朔祭り 山都町目丸 早楠神社 阿蘇神社 阿蘇山の北麓に鎮座する阿蘇神社。 地震による倒壊で一部…

地震後初めて阿蘇神社へお参りに行ってきました(2016/9/10)

2016年9月10日時点での阿蘇神社と門前町の様子です。 熊本の皆様が一日も早くもとの生活に戻れるようお祈り申し上げます。

鵺謡蹟めぐり①東三条大将軍神社

能「鵺」のゆかりの地に行ってみましたその1。ここから黒雲が立ち上がって御殿へと向かっていくのですね。

坂本龍馬が新婚旅行で訪れた高千穂峯に登ってカステラを食べてきました

坂本龍馬の手紙を見て登ってみました。登山初体験・運動不足の体でも目安時間の1.5倍をかければ無事に登れました。作戦コマンドはもちろん「いのちだいじに」。※ある登山のガイドブックによると難易度は中級らしいです…。

地震後の水前寺成趣園で景色とお菓子を楽しんできました(2016/6/19)

素敵な風景を見ながら歴史ある部屋でお菓子を食べれるって最高に贅沢だと思います。 アクセス 歴史 古今伝授の間 出水神社 能楽堂 アクセス 市電水前寺公園から徒歩5分。 公園までの道の両脇には土産物屋が並んでおり、熊本名物・いきなり団子なども売ってい…

小鍛冶謡蹟めぐり③ 相槌稲荷神社(それと吉水園の和菓子・小鍛冶が美味しかったはなし)

能「小鍛冶」のゆかりの地に行ってみましたその3。ついでに三条宗近伝説に由来するお菓子もたべました。

小鍛冶謡蹟めぐり② 粟田神社・鍛冶神社

能「小鍛冶」のゆかりの地に行ってみましたその2。

地震後初めて熊本城へ行ってきました(2016/6/19)

2016年6月19日時点での熊本城の状況です。立ち入り可能区域をぐるっと歩いてきました。 熊本の皆様が一日も早くもとの生活に戻れるようお祈り申し上げます。

加藤清正と清藤大明神・緋衣大明神のはなし

加藤清正を助けたといわれる清藤大明神と緋衣大明神についての伝承まとめ。ほぼ花岡山レポ。

太宰府天満宮に黒田如水を訪ねてみました

太宰府天満宮の如水の井戸と如水社について。

土蜘蛛謡蹟めぐり① 北野東向観音寺

北向観音寺。

住吉神社能楽殿のはなし

GWに能「土蜘蛛」の上演があるので、住吉神社能楽殿へ向かう審神者の方々も多いのではないでしょうか。 住吉神社能楽殿のはなし。(と日本号の持ち主のはなし)

小鍛冶謡蹟めぐり① 花山稲荷神社

能「小鍛冶」のゆかりの地に行ってみましたその1。

崇福寺と黒田家墓所を見学しました

黒田家の菩提寺の崇福寺と黒田家墓地を見学してきました。 崇福寺について 山門 崇福寺唐門 仏殿兼禅堂 黒田家墓所の見学について 黒田家墓所 黒田官兵衛(如水)の墓石 黒田長政の墓石 博多塀 境内のおすすめ甘味 崇福寺について 地下鉄千代県庁口から徒歩5…

粟田口藤四郎吉光が弁才天の相槌で刀を打ったはなし

神の相槌で作刀したのは三条小鍛冶宗近だけではないのです。

緑樹影沈んで~~あぁ^~兎がぴょんぴょんするんじゃぁ^~

竹生島(宝厳寺と都久夫須麻神社)について。

薬師寺「仏教と刀」展 その2 (仏教関連展示を見ての感想と所見)

薬師寺 仏教と刀展を見て 「噂の刀展」の会場を出るとそのまま「仏教と刀」展への会場へ着きます。 「仏教と刀展」は大まかに分類すると下記の通りです。 ①仏像・仏画 ②神仏習合 ③刀身彫刻を中心に見るコーナー 花会式についてもパネルとビデオを用いて解説…

薬師寺「仏教と刀」展その1 (刀身彫刻展示についての感想と所見)

忘備録。 薬師寺「仏教と刀剣展」彫りコーナーの感想のつもりが納刀型像の分量がやたら多い。