読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書を持ったまま町に出よう

引きこもりぎみ方向音痴なアラサーOLが旅行したりする。歴史/美術/古典芸能すき。博物館・美術館/史跡巡り/謡蹟探訪メイン。

さっそく「西米良で名刀に出会う夏2016」を見に行って西米良村を堪能してきました

とにかく豪華な内容でした。展示も特典も。

三連休中日、福岡から車で高速利用です。ご参考になれば。

 

西米良へようこそ - 「西米良で名刀に出会う夏2016」を開催します!

 

 

アクセス 

福岡から車で向かいました。益城のあたりは工事中の箇所もありましたが、連休中日だったからかわりとスムーズに通過。

人吉インターで降り、西米良村までは1時間ほど。しばらく片側一車線の道が続きます(コンビニとかドラッグストアもあります)が、西米良村まで20キロ切ったあたりから山道っぽくなってきます。最初のトンネルがちょっと長めでトンネル内で霧が発生していたのは心が折れそうになりました。でも道路の幅も広めでしたし、後続車がいなかったので運転しづらさは感じませんでした。

村内は広く、特典の食事施設も車で30分ほどかかる場所に位置しているところもあるので注意。

公共機関を利用する場合、バスもあるのですが本数がかなり少ないです。アクセスは村の公式HPに詳細があります。

http://www.nishimera.jp/modules/contents_kanko/index.php/18/index.html

 

西米良村について

 

臨時駐車場ができていて、誘導のスタッフさんがいます。

10時30分ごろ着いたわたしの車で一番近い駐車場は満車になりました。人吉からの道では全然車を見なかったので、宮崎県内の来場者が多いようです。ちなみに700メートル先にもうひとつ駐車場があるとのことで、そこからはシャトルバスが出ているそうです。(詳細は聞いていないので休日のみかも…)

あちこちに刀剣展の看板が立てられており、スタッフの方も多いので安心です。道が分からず色々お尋ねしてしまったのですが、とても丁寧に教えて頂けました。

 

入場料3000円には下記の特典がついています。

  1. 西米良村歴史民俗資料館入場料(刀剣展)
  2. 村内での食事(5か所から選べます)
  3. 西米良温泉ゆた~と入浴料
  4. 西米良温泉ゆた~と1ドリンク
  5. 村内観光施設で使用できるお買いもの割引券

f:id:wimwim8282:20160718222145j:plain

 

 

「西米良で名刀に出会う夏2016」@西米良村歴史民俗資料館

f:id:wimwim8282:20160718222517j:plain

展示スペースは3か所、いずれもあまり広くないです。階段を下りたとこも展示スペースなので忘れないように。

刀剣はガラスケースに三段で展示されており、一番上の列の刀剣は台に邪魔されてよく見えなかったものもいくつか…。

下の階で鞘のみ展示されているガラスケースは上部がない形式。鞘は刀身と別に展示されてるものもあるため、展示番号のチェックを怠らないように…!

展示内容がとにかく豪華なので、とりあえずパンフを見てください。

f:id:wimwim8282:20160718223623j:plain

f:id:wimwim8282:20160718224057j:plain

f:id:wimwim8282:20160718224323j:plain

f:id:wimwim8282:20160718224423j:plain

宮崎県だからか堀川國広が多いです。西米良村から綾町までは車で1時間40分ほどのようです。

 菊池資料館

西米良村歴史民俗資料館への階段そばには菊池資料館があります。

f:id:wimwim8282:20160718233419j:plain

菊池則忠は版籍奉還に際して所有山林地をすべて領民に分配したとのことで、非常に慕われており、その孫にあたる菊池武夫の別邸として80年ほど前に村民から送られたとのこと。

菊池氏ゆかりのものと思われる甲冑や戦前?のラジオもあります。

入場料無料。記帳していってね!(名前と県外/県内どちらかだけでOKみたいです)

 

 

おがわ作小屋村

 

http://ogawa-sakugoya.com/

入場料特典の食事が食べられる施設の一つです。

歴史民俗資料館から車で30分ちょっと。道は5か所ほど工事中で片側交互通行になっているので時間に余裕がない場合はおすすめできないかも…。

店内はそんなに広くないのでランチタイムは混み合います。12時過ぎに到着したら前に4組ほど待っていました。食事する予定ならあらかじめ予約をしておいた方がいいです。

f:id:wimwim8282:20160718224512j:plain

田舎風の建物がとても懐かしいかんじ。特典のお買いもの割引券が使用できるので、しいたけと柚子羊羹と柚子味噌を購入しました。

f:id:wimwim8282:20160718230533j:plain

f:id:wimwim8282:20160718233229j:plain

f:id:wimwim8282:20160718233832j:plain

 

でも順番待ちになっても安心!

太鼓橋を渡ると歴史民俗資料館があり、農耕具や生活用品が展示されています。

敷地内の像は最期の領主・菊池則忠。

f:id:wimwim8282:20160718233352j:plain 

f:id:wimwim8282:20160718233255j:plain

f:id:wimwim8282:20160718233324j:plain

 

補足

 西米良温泉ゆた~と

→特典としてここの入浴券もついていたのですが、温泉に入るとリラックスしきって動けなくなってしまうので今回は断念しました。

お昼過ぎに遠目に見たところ、駐車場がちょっと混みあってるかな?といった感じでした。

 

狭上稲荷神社

→さえいなりじんじゃ。鬱蒼と茂る木々の中の朽ちそうな鳥居の写真がすごくそそられ、しかも古墳だったとのことで行きたかったのですが、スタッフさんに聞いたところかなり道が悪いとのこと。村の入口あたりに大きな看板が立っていますが、10キロの距離を車で30分かかるそうです…。

 

児原稲荷神社

→資料館からおがわ作小屋村への道の途中に看板があります。

ここも元は古墳だったようですが、痕跡は見つけられず。高山彦九郎が立ち寄ったことがあるそうで碑が立っていました。境内には甲斐右膳、大蔵父子のお墓もあります。

f:id:wimwim8282:20160718233804j:plain

 f:id:wimwim8282:20160718233710j:plain

 

感想

 

インターネットで豪華な刀剣展が開催されると知って、正直なところ西米良ってなんて読むの?どこ?から始まりました。。

村のサイトを見ているとワーホリやいろんな取組をしているようです。釣り愛好家らしき方をよく見かけたのですが、この特典付きのチケットで温泉や食べ物といった村の良さをさらに知ってもらおうという試みなのでしょうか。資料館ではお子さん連れのご家族も見かけました。

わたしのような県外の人間に対しても大成功です。スタッフさんも丁寧な方ばかりで、楽しい旅ができました。本当にありがとうございました。

 

 

7/22(金)からは川床も始まるそうですので興味のある方はぜひ。

西米良へようこそ - 【7/22へ延期】にしめら川床はじめます

 

妖精さんのカリコボーズがデザインされたマンホールもキュートなので見てください。

西米良へようこそ - カリコボーズってこんなんよ

f:id:wimwim8282:20160718222310j:plain